イースタンリーグ公式戦「巨人vs東北楽天」が開催されました

晴天に恵まれた2012年5月27日(日)、いわきグリーンスタジアムで巨人対楽天のイースタンリーグ公式戦が、21世紀の森公園では21世紀の森公園復興フェスティバルが開催されました。
イースタンリーグ公式戦は、湯本高校吹奏楽部によるファンファーレで幕を開け、15,029人の観客を動員、6点差で迎えた9回、楽天が6点を獲得し同点引き分けとなる白熱した試合が展開され、客席からは大きな歓声が起こりました。
メイン駐車場には特設ステージが設けられ、いわき市内のみならず兵庫県から駆け付けた出演者のパフォーマンスが披露されました。
豆電車、エアー遊具は多くのお子さんたちにお楽しみいただけました。
日没を迎える頃、花火とレーザーショーがコラボしたステージが展開されました。いわきと加東市の小中学生によるメッセージ読み上げに連動し花火が上がり、復興への思いを新たにすることができました。プリンセス天功プロデュースによるこのショー、フィナーレの花火は特に絢爛で、歓声が絶えませんでした。
当日ご来場いただいた皆様、兵庫県加東市・山梨県市川三郷町の皆様、ステージをオーガナイズしてくださった皆様、イベントにご協賛いただいた皆様、ボランティアの皆様・・・本当にお世話になりました。ありがとうございました。
2013年はいわき市でオールスターゲームが開催できるよう誘致活動を進めております。皆様のご署名・ご支援をお願い申し上げます。

カテゴリー: event-21世紀の森公園, event-いわきグリーンスタジアム パーマリンク