園芸相談_クリスマスローズの植え替えについて

【相談内容】
花が終わりかけのクリスマスローズの鉢物を買いました。
鉢を大きくした方がいいと聞いたが、今やって大丈夫か?
また、根はそのままでもいいのか教えてほしい。
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 まず、この時期の植え替えは、本格的に根をほぐしてやるのではなく、根づまりしている根を少しでも余裕のある状態にし、夏越し前にできるだけ株の成長を促してあげるためのものです。
 株分けや、完全に根をほぐしてあげる本格的植え替えは、秋の9月下旬~10月頃の涼しくなり、芽が動きはじめる頃に行うようにします。ですから、鉢を購入したなら花が終わるのを待たずに、できるだけ早く植え広げをしていただくと成長がそれだけ多くなります。
 実際の植え広げの作業は、今植わっている鉢から抜き、根が張っていると鉢から出にくいときがあるので、その際は鉢を壊して出すようにします。無理に引っ張ったりして芽を折らないように注意します。鉢底に丸くとぐろをまいているような根や、根鉢の上の方の硬くしまっている土は竹ベラやクマデなどで軽くほぐし、根は大切に、切らないよう作業します。
 新しい鉢は、根づまりがひどい場合は号数にして2つ分、6cm以上の大きさのものを使い、根づまりしていない鉢のときは1号分くらい大きくします。土は市販のクリスマスローズの土、または赤玉土4:腐葉土3:軽石3に、マグァンプKなどの緩効性肥料を混ぜたものか、鉢の上にエードボールプロミックを置肥します。
3月も下旬くらいのときには置肥はせず、液肥を5月の上旬くらいまで2~3回与えます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク