園芸相談_カシスの芽がしぼんでしまった

【相談内容】
去年鉢植えにしたカシスが水やりを忘れてしまい、せっかくついていた花芽がスカスカになって枯れてしまった。
もうこのまま枯れてダメになってしまうのか?
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 お持ちいただいた鉢を見ると、芽は確かにしぼんだようになっていますが、枝そのものは元気ですので、花や実はダメでも枯れた訳ではないようです。
 落葉果樹は葉が落ちるとついつい水やりを忘れがちですが、休眠中ではあっても根も生きて、芽も春に向けての準備をしていますので、絶対に水切れさせないで下さい。さらに言えば、水をやってガチガチに凍ったとしても耐寒性は十分にありますので、恐れずに水やりをして下さい。
 先端の方の花芽はほとんどダメになっていますが、本葉はまだ生きているはずですので、今年の実はつかないとしても木は育ちますから、これから寒肥を与えて、有機醗酵玉肥なら3ヶくらいを鉢の上に埋めるようにして、水やりをしっかりやってください。また、細すぎる枝や枯れた枝は、元から切り取り、風通しを良くするようにします。バラや果樹に石灰硫黄合剤を散布するときには一緒に寒の防除をするようにします。
 水やりを忘れがちな場合には、庭があれば庭に下ろした方が安全ですので、庭に植えてあげると良いでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク