hanadayori

2007年8月の花 “ムクゲ”

真夏に花径6~10cmの鮮やかな色の花を咲かせます。花は朝咲いて夕方には枯れてしまう短命は一日花ですが、次々と咲き続けるので、3ヵ月以上は楽しめます。日当たりさえ良ければ放任状態で育つ丈夫な木です。

カテゴリー: hanadayori

2007年7月の花 “アジサイ”

花の少ない梅雨の時期を代表する日本原産の花木で、江戸時代末期にヨーロッパに渡り、鉢花用に改良されました。花房が手まりのように咲くタイプ(手まり型)と、額縁のように周りに咲くタイプ(ガクアジサイ型)があり、円錐状に花をつけ … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年6月の花 “バラ”

バラの原種は、北半球を中心に約100種以上が知られています。それらが交配され、改良が重ねられ、現在、園芸品種は1万5000種あるといわれています。香りのよいものが多く、ハーブやポプリなどにも使われます。 いわき市フラワー … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年5月の花 “ボタン”

 1000年ほど前に中国から渡来し、「百花の王(花王)」として親しまれてきた名花です。花色に富み、盛り上がるように咲く獅子咲きや、一重、二重、八重、千重、万重咲きなどがあります。 いわき市フラワーセンター園内でご覧いただ … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年4月の花 “サクラ類”

(写真は河津桜) 日本で一般的にサクラと呼ばれる種類は、バラ科サクラ属あるいはサクラ亜属の総称です。 日本の気候に適しているので、約10種が全国の山野に自生し、また、公園や道路など、町のいたるところに植えられ、春には日本 … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年3月の花 その2 “白梅”

ウメは原産地が中国の四川省から湖北省で、日本には奈良時代以前に薬木として、中国文化と共に渡来し、栽培されたといわれています。 いわき市フラワーセンター園内でご覧いただけます。

カテゴリー: hanadayori

2007年3月の花 その1 “カワツザクラ(河津桜)”

カワツザクラは、伊豆半島にある河津町が原産の桜で、オオシマザクラとヒガンザクラの自然交配種と推測されています。 本州の中でも早咲きの桜で、また、開花期間が約1ヶ月と長く、花の色がソメイヨシノより濃い桃色であることが特徴で … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年2月の花 その2 “クリスマスローズ”

まだ寒さが厳しい2月、冷たい北風が当たらない日だまりでいち早く咲きはじめるのがクリスマスローズです。 本当のクリスマスローズは12月に咲き、2月は同じ仲間のレンテンローズと呼ばれるオリエンタリスの交雑種が咲いてきます。 … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年2月の花 その1 “紅梅”

もともとは中国原産の樹木ですが、花を楽しめること、実が食用になることで、奈良時代に入る前後に日本に持ち込まれ、各地で栽培されるようになりました。色は薄い紅色で、一重先の方はやや薄い紅色となり、食用にする実梅ではなく、花を … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年1月の花 “ドンベア・ウォリキー”

ウメは原産地が中国の四川省から湖北省で、日本には奈良時代以前に薬木として、中国文化と共に渡来し、栽培されたといわれています。 いわき市フラワーセンター園内でご覧いただけます。

カテゴリー: hanadayori