hanadayori

2008年6月の花 “バラ”

バラの原種は、北半球各地を中心にギリシア時代から栽培され、現在、園芸品種は1万種以上あるといわれています。花色が豊富で香りがよく、香水などにも使われます。

カテゴリー: hanadayori

2008年5月の花 “ポピー”

ポピーは、主にオレンジや黄色系の花を咲かせるアイスランドポピー、赤やピンクの花を咲かせるヒナゲシ、大輪の花を他のポピーよりも遅く咲かせるオリエンタルポピー(オニゲシ)の3種類があります。薄い紙細工のような花が特徴で、とて … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2008年4月の花 “カワヅザクラ(河津桜)”

カワヅザクラは、伊豆半島にある河津町が原産の桜で、オオシマザクラとヒカンザクラの自然交配種と推測されています。本州の中でも早咲きの桜で、また、開花期間が約1ヶ月と長く、花の色がソメイヨシノより濃い桃色であることが特徴です … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2008年3月の花 “ツバキ”

ツバキは日本の代表的な花木で、現在では世界で栽培されています。 もともと日本に自生しているのはヤブツバキとユキツバキの2種類で、さまざまな交配によってたくさんの園芸品種が生まれています。花色は赤、白、ピンク、絞り、花形は … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2008年2月の花 “クリスマスローズ”

まだ寒さが厳しい2月、冷たい北風が当たらない日だまりでいち早く咲きはじめるのがクリスマスローズです。本当のクリスマスローズは12月に咲き、2月は同じ仲間のレンテンローズと呼ばれるオリエンタリスの交雑種が咲いてきます。日本 … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2008年1月の花 “菜の花”

アブラナは油の採取用で、観賞用にはハクサイを改良した花の大きな種類が栽培されています。若草色のやわらかな葉をつけた太い茎の先に、十字形で明るい黄色の4弁花をたくさん咲かせます。葉に縮みのある縮緬系と縮みの少ない丸葉系の2 … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年12月の花 “ヒイラギナンテン“チャリティー””

ヒイラギナンテンの園芸品種で、開花期が11月~1月と、この仲間の内では早く、芳香のある黄色い花を豪華に咲かせます。性質は強健で、北向きの庭や家の裏など、悪条件下でも植栽可能な、手間いらずの木です。

カテゴリー: hanadayori

2007年11月の花 “サザンカ”

10~12月、枝先に白や淡紅色で5~7弁の花を咲かせます。ツバキに似ていますが、新梢に毛があり、葉が小形で花弁が1枚1枚離れていること、子房に毛があり、花にほのかに香りがあることなどが大きく異なる点です。原種となった野生 … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年10月の花 “ハゲイトウ”

赤や黄色に色づく葉を観賞する植物です。花は咲きますがあまり目立ちません。草丈は1.5mにもなり、大きくて派手なのでよく目立ちます。雁が飛来する頃に葉が鮮やかに色づくのでガンライコウと呼ばれますが、最近は8月頃から色づく品 … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori

2007年9月の花 “ハギ”

ハギには、紅紫、濃紅紫、淡紅紫、淡紫白、白など、多彩な花色があります。蝶形の花は、木の種類によって、夏から秋にかけて長い間見ることができます。日本に分布するハギ属には、マルバハギ、ツクシハギ、ミヤギノハギ、キハギなどがあ … 続きを読む

カテゴリー: hanadayori