園芸相談_スイセン・バルボコジュームについて

【相談内容】
庭植えのスイセン・バルボコジュームが植えて数年たつが、昨年あたりから葉の割に花が少なくなってきている。植え替えが必要なのか。
【相談者】
40代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子先生 (園芸アドバイザー)
 スイセンなどの球根植物は、年々球根が増えて、数年たつと見事な株立ちとなって花がとても豪華に咲きます。しかし、そのまま方放っておくと分球が進んで、1球1球が小さくなり、開花球に達しない小さな球根ばかりとなります。そうなると、葉はたくさん出るのだが花が少ないという状態になってしまうのです。
 もう一度たくさん花を咲かせるためには、花後に掘り起こして、新しい場所へ、分けた株を植え替えてやる必要があります。葉が黄色くなってから行うのが理想ですが、葉がまだ緑の残っているうちに行うには、出来るだけ根を切らないように深く堀り上げ、根の乾燥を防ぐために手早く作業を行います。
 植え付け先はあらかじめ穴を掘って、腐葉土やマグアンプKを混ぜて用意しておき、やや深めに植えて、水をたっぷり与え、根の間にしっかり土が入るようにします。葉が緑のうちは、液肥で追肥し、球根の肥大を促すと、来年は、数が多くなると思います。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク