園芸相談_クリスマスローズについて

【相談内容】
クリスマスローズの花つきの鉢を購入したが、ひとまわり大きい鉢に植えようと思い、鉢から出したら根がぎゅうぎゅうで、とてもほぐせない。
このまま植えていても大丈夫か。
【相談者】
30代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 クリスマスローズの開花株として売っているもののほとんどは、根がぎゅうぎゅうに回って、容易には、ほぐせない状態となっています。
 もともと春に植え替えする際には、根を大きく傷つけることは、避けたほうがよいので、鉢土の表面、表土が固くなってしまっているところ、また、鉢底のほうで根が巻いているところなどを少しずつ丁寧にほぐして植えるようにします。
 この時、土に湿気が多いと扱いにくいですので、しおれない程度に水やりを控えて、土が半乾きくらいの時に根鉢を握りこぶしでたたくようにすると、古土が楽に落ちるようになります。
 どうしても難しいときは、ある程度水圧をかけてホースの先から水を当てて古土を出来るだけ落としてやります。
 また、根鉢がほとんどほぐせないで、植え替える際は、やや大きめの鉢に小粒だけでなく、中粒も半分くらいいれた土で、粗めにした土で植えると、夏の根腐れを防ぐことができ、秋に植え替えるときに、根がうまくほぐれやすくなります。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク