園芸相談_シクラメンの夏越しについて

【相談内容】
シクラメンを毎年高いのを買ってもダメにしてしまう。どうしたら夏越し出来るか。
次の年も咲かせてみたい。
【相談者】
60代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子先生 (園芸アドバイザー)
 まず、夏越しの前に冬の間の管理のコツですが、出来るだけ日当たり、風通しのよい凍らない程度の気温の低いところで育てること。
 そして、水やりですが、最近流通の多い底面給水鉢なら、タンクに水を溜めておけばよいのですが、出来れば、いつも満タンではなく、ある程度の乾湿をつけるよう、次の水を入れる間を少し開けてやると根張りが良くなって、より丈夫に育ちます。通常の鉢植えでは、葉の表面を手のひらで軽く押さえるようにし、十分に張りのあるときは与えず、やややわらかくなっていたら株元にかからないよう葉を手でよけて、鉢土の2~3箇所に水を与えるか、バケツや洗面器に5cmくらい水を張って、土の下から吸水させるようにします。
 出来るだけ、株の中心の腐り始めた葉や茎は早目に取って、風通しを良くします。初夏5月下旬くらいになったら、咲いている花やツボミを取り除き半日陰で、水を控えて夏越しさせるか、北向きの雨のかからない軒下で鉢ごと乾かして、夏越しさせ、8月下旬~9月上旬に鉢替えして新しい土に植えてやると良いでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク