園芸相談_レモンの露地栽培について

【相談内容】
小名浜でレモンを路地栽培しようと思っているが、どうしたらよいか。
畑で育てて、加工して販売までしたい。
【相談者】
50代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子先生 (園芸アドバイザー)
 一般論でいうと、レモンの露地栽培は冬期に一度でも最低気温がマイナス3℃以下のなるところでは、栽培はむずかしくなります。
 つまり、レモンの収穫が秋遅くから冬~春にかけてが主な時期のため、果実が凍ってしまうと商品価値がなくなるからです。小名浜は、東北地方の中では、極めて温暖な地域ですが、冬にマイナス3℃にならないかというとぎりぎりのラインです。逆に言うと、ビニールハウスなどの被覆をして栽培すれば、安心して栽培出来る地域でもありますので、露地栽培にこだわらずビニールハウスを利用することをおすすめします。
 また、品種により耐寒性もすこしずつ異なりますので、リスボン、ユーレカ、アレン、石田、シシリアンなど国内で入手出来る品種で試験栽培を行うのもおすすめです。
 ビニールハウスを使うと、冬の最低気温対策だけでなく、雨からの保護や、生育期間中の積算温度の確保、風除けなどにも効果があります高品質の果実を収穫できるようになると思われます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク