園芸相談_ラベンダーと組み合わせの良いハーブは何か

【相談内容】
ラベンダーと他のハーブを寄せ植えにしたいが、どんなものと組み合わせたらよいか?
【相談者】
50代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ラベンダーはシソ科のハーブで、小さいながらも立派な木です。大株になると、株元の太さは数センチになることもあります。ご存知のように、富良野の広大な土地で素晴らしい景観をつくったり、南仏プロバンスでは、日本の茶の生産地のように、カマボコ状に刈られたブルーの縞状の丘が果てしなく続く景色が有名です。
 本来、ヨーロッパ地中海原産の植物ですから、日本の高温多湿、多雨の夏はとても苦手です。日本の主な産地が北海道なのも、夏に梅雨がないカラッとした気候だからです。いわき市のような太平洋岸の平地では、夏にムラさないことがラベンダーをうまく育てるには必須の条件ですので、できれば寄せ植えではなく、通常の鉢植えとして育てて、他にタイム、ローズマリーなど、生育条件の似たものの鉢と組み合わせて、寄せ鉢として楽しまれるとよいと思います。
 どうしてもという場合には、這性のローズマリー、タイムなどと組み合わせ、常に株元が茂りすぎないよう、利用しながら刈り込むとよいでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: , パーマリンク