園芸相談_ムスカリを早く咲かせる方法について

【相談内容】
クリスマスパールという早咲きのムスカリの球根を買ったが、普通のムスカリの球根を早く咲かせることはできないのか?
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ムスカリは通常、チューリップなどと同時に4月になってから咲くのが、露地での栽培の標準の花期です。おたずねのクリスマスパールは、同じように外で育てても2~3月に早く咲く品種で、普通の品種をこの時期に咲かせるには、10~11月に植えて、明け方凍るくらいの気温で1ヵ月くらい栽培し、そのあと20℃くらいの暖かなところに移すと、1ヵ月くらいで花が咲いてきます。
 市販されているムスカリの鉢物で外より早く咲かせているものの中には、早咲きの品種を使ったものと、促成~半促成といった低温処理+加温を行ったものと両方あります。一般の家庭で促成栽培をするには、1月下旬~2月中旬くらいまで寒さに当てて、そのあと暖房の効いた室内に取り込むことにより、2月下旬~3月頃から開花が楽しめるでしょう。
 とにかく、十分な寒さに当ててから暖かくするというのがコツですので、早くから暖めすぎないよう注意して下さい。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク