園芸相談_シュウメイギクの花が早く終わってしまった

【相談内容】
鉢植えのシュウメイギクをプランターに植えたが、花が早く終わってしまった。
どうしてか?
【相談者】
50代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 鉢で育てられているシュウメイギクは、もともと根張りが良いため、ちょっと油断すると水切れを起こしてしまいます。おそらく、流通~店頭販売~自宅で栽培している間のいずれかの時点で水切れを起こしている株だったのではないでしょうか。本来なら、茎についた開花中の花以外もたくさんのツボミがありますので、全てのツボミが順調に開花すると、花期はかなり長い期間に及び、そんなにすぐに花が終わってしまうはずはありません。せっかくプランターに植えても、その前の時点でツボミが水切れでダメージを受けてしまっていたと思われます。
 今年はもうこれ以上の花は楽しめませんが、来年に向けてプランターで株を大きくすると、たくさんの花を楽しむことができるようになると思いますので、がっかりなさらないで下さい。
 また、増殖したければ、シュウメイギクはたくさんの地下茎があり、根の途中からも発芽が容易なため、この時期に根伏せを行うと、あっという間に多数の苗を得ることができます。育苗箱やポットに白い芽のついた根を5cmくらいにカットして浅く伏せておくと、来春には立派な苗になります。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク