園芸相談_ノボタンの咲かせ方について

【相談内容】
フラワーセンターのノボタンはきれいに咲いているが、うちのはツボミがまだ見えない。
去年は咲いていたのに、なぜ咲かないのか?
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ノボタンは通常夏から秋に花を咲かせますので、切りもどしをするのは、冬越しから鉢を外に出すと同時に植え替えも一緒に行うと、樹形もコンパクトになり、花つきもよくなります。
 お話では、ちょうど夏前頃に伸びた枝を大きく切りもどしたとのことですので、その後伸びがなかなか止まらないまま花芽がつきにくくなっていると思われます。もし、温室をお持ちで、冬でも15℃くらいの最低温度を保たれるのなら、遅くなって花を楽しめるかもしれませんが、低温で冬越しされる場合は、遅くに花芽がついても開花せぬままツボミが傷んでしまうと思われます。
 どうしても背の高くなりやすい植物は、ある時点で大きく切りもどしが必要になることがありますが、できるだけ早く行って、あとは弱いピンチを2~3回行うと、枚数も増えて、結果たくさんの花を楽しめるようになります。ハイビスカスやランタナなども、切りもどしは春に行い、あとは弱いピンチを行うことで花数が多くなります。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク