園芸相談_ユリの掘り上げ時期について

【相談内容】
家の裏山にあるユリ(ヤマユリ)を掘り上げて、四国にいる娘に送りたいが、いつ頃掘ったらよいか?
【相談者】
60代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ヤマユリに限らず、ユリの植え付けは秋~春と、他のチューリップやスイセンなどの秋植え球根より長い期間行うことができます。
 掘り上げの適期は、地上部が枯れて球根としっかりつながっているとき、茎をそのまま探って掘ってゆき、球根を傷つけないよう掘り上げます。ヤマユリは球根が深いところにありますので、できれば斜面などだと掘るのが楽です。球根は、掘り上げたら乾かさないように、オガクズを軽く湿らせたピートモス、バーミキュライト、川砂などに埋めて、鉢や箱などに詰めてラッピングして、宅急便などでできるだけ早く送ってあげて下さい。(球根についている下の根は切ったりせずそのままにして、上から出ている茎は球根の上のところに合わせて切り取ります。)もし、木子や分球した小さな球根があったら、もとの穴に埋めておくと2~3年たったら開花球になります。
 到着後はできるだけ早く植えつけられるよう、あらかじめ水はけのよい明るい日陰に、スコップで穴を掘って腐葉土を混ぜて、植え穴の準備をしておいてもらえるようにして下さい。四国は暖かく、アブラムシの被害も増える恐れがあるので、予防的に防除を行うようにすると寿命を長く保つことができます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク