園芸相談_オリーブの品種について

【相談内容】
庭の日当りが良くて乾いた場所にオリーブを植えたいが、1本で実のなる品種はあるか?
【相談者】
60代 ご夫婦


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 オリーブはモクセイ科の常緑樹で、主に地中海沿岸でオイルや実を採るために栽培されています。日本でも小豆島での栽培が有名ですが、耐寒性はほどほどにあり、いわき市の平野部ならまず寒さにより枯れる心配はありません。
 オリーブは、洋風の庭なら主木にもなり、日当たり、水はけのよいところで強い北風が吹き付けなければ、美しい銀色の葉と春の香り高い花、秋には実も楽しめます。
 一般に自家不和合性の強い植物で、果実を収穫するには受粉樹が必要ですが、1本で実を楽しむなら、自家結実性であまり大きくならず、横巾もとらない‘ミッション’がよいでしょう。他にもよく流通しているネバディブランコ、マンザニロ、シプレッシノ、ルッカなどがありますが、こちらは異なる2品種を植えないと実つきが悪くなりますので注意が必要です。
 植え付けは、秋のあまり遅くならないうちか、春に行うと活着力がよくなります。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク