園芸相談_ブルーベリーの木の幹からヤニが発生

【相談内容】
ブルーベリーの木の幹からヤニのようなものが出ている。
どうしたらよいか?
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 まず、木の幹からヤニやオガクズ状のものが出ている場合、必ず中に害虫がいて食害をしていますので、放っておいてはいけません。最も多いのがカミキリムシの幼虫で、これは体も大きく大食漢ですので、食害がひどいと完全に枯れてしまうこともあります。他にもキクイムシやガの幼虫など、多くの害虫がいますので、まず症状を見つけたら必ず虫を殺すことを実行して下さい。
 駆除の仕方は、穴のあいているところから針金などを入れて中の虫を殺すか、穴に殺虫剤を浸み込ませた綿やボロ布をつめて中の虫を殺します。駆除が遅れて虫が木の形成層を一回り食べつくしてしまうと、そこから上は木が枯れてしまうことがあります。
 ただし、ブルーベリーのようなかん木では、下から多くのシュートを3本くらい残し、他は芽かきしてあげると、すぐに樹形も再生できます。上が枯れてもそれほどの心配はいりません。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク