園芸相談_ワイルドストロベリーの育て方について

【相談内容】
ワイルドストロベリーを以前植えたら、実がならずに枯れてしまった。
どうしたら実をつけられるか?
【相談者】
50代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ワイルドストロベリーは、本来その‘ワイルド’の名が示すとおり、野生に近く、ほとんどが品種改良がされていないため、丈夫な植物です。ただし、極端に乾かしたり、水を与えすぎたりすれば、もちろん植物ですから枯れてしまいます。
 鉢で育てるには、まず、ポット苗なら1~2まわりくらい大きい鉢に、水はけ水もちよい土で植え替えます。市販の園芸の土、野菜・花の土などのミックス済みのものか、赤玉土小粒に腐葉土を3割ほど混ぜたものなどの一般的なもので十分です。
 庭植えでは、日当りのよいところ~半日くらい日の当たるところ、やや湿り気のある明るい木陰などだと元気に育ちます。日当りのよすぎるやせた硬い土の場合には、植え付けの前に腐葉土や完熟堆肥を混ぜて、土をふんわりとさせてから植えつけます。水はけが悪いと腐りますので、できるだけ斜面や、少し高いところだと水はけの悪い庭では安心です。肥料は、効果の長く続く有機質のものを使うとよいでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク