園芸相談_終わりかけのクリスマスローズの葉が枯れてきた

【相談内容】
クリスマスローズの葉の細い、小さな花がたくさんつくものを鉢で育てていて、花が終わりに近づいてきたら葉がほとんど枯れてきた。
このまま枯れてしまうのか?また、助かる方法があるか?花茎は切ってある。
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 まず、お話のクリスマスローズは、ヘレボルス・フェチドゥスのことと思われます。同じクリスマスローズでも、丈夫で手のかからない通常のガーデンハイブリッドと異なり、フェチドゥスは暑さや過湿に弱いデリケートな種類です。特に、太平洋岸の高温多湿の梅雨~夏にはダメにしてしまう方が多く、海外のガーデンのように大株でたくさん花を咲かせるのは難しいと思われます。かくゆう私も、今まで何度か枯らしています。
 ただ、通常はこれからダメになることが多いものですが、花が咲き終わる時点で葉が全くなくなっているというのは、他にも原因があるかもしれません。
 お話では、開花中ほとんど室内で、暖房の効いた部屋で管理されていたとのことなので、株元にカビが生えて、そこから茎が腐ってきて葉が枯れてしまったのか、鉢をひとまわり大きくしたとのことでしたが、水やりが多すぎたか、などが考えられます。もし、茎の元の方から新芽が出ているようなら復活することもありますので、できるだけ涼しく、やや乾き気味にして外で管理してみて下さい。もちろん夏は直射光を避けて、涼しく管理して下さい。

カテゴリー: 園芸相談 パーマリンク