園芸相談_シクラメンの植え替えと夏越しについて

【相談内容】
珍しいシクラメンを購入して、今まで花を楽しんでいたが、ぜひ来年も花を咲かせたいと思う。
植え替え、夏越しはどのようにしたらよいか?
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 シクラメンの夏越しは、条件さえ整っていればそれほど難しくはありません。とにかく、できるだけ涼しく、風通しよくさえできれば、ほぼ成功は見えています。
 夏越しの方法は大きく2つに分かれます。一方は、水を全く与えずに完全休眠させる方法、一方は、水はしおれない程度にぎりぎりに与え、葉を保ち、半休眠とする方法です。前者に向く条件としては、葉が傷んでいたり、枚数が少なくなってしまった株で、でも塊茎はしっかりしている状態のもので、残った葉、花など全て取り除き、鉢ごと水を全く与えないようにして、家の北の軒下などで雨に当てないよう、8月下旬までそっとしておきます。こちらは、他に忙しくて水やりを忘れそうな人にも向きます。
 もうひとつの半休眠の場合には、家の東側もしくは南側なら、ヨシズや寒冷紗の下で、半日陰で水やりを控えめにしながらしおれない程度に葉をつけたまま管理する方法です。やはり、8月下旬まで同じ管理をします。両方とも涼しく、風通しよくするのが成功の秘訣です。また、大きな木のある古い庭などでは、木の根元の腐植の多い、水はけのよいところに地植えして越すこともできます。
 植え替えは、秋の初めの8月下旬~9月上旬の芽の動き出すと同時に、ひとまわり大きい鉢に古い根鉢1/3くらいをくずして植え替えます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク