園芸相談_ムスカリとクロッカスの掘り上げについて

【相談内容】
去年、ムスカリとクロッカスを庭に植えたが、掘り上げるのはいつがよいか?
ムスカリはどこでもたくさん増えるが、クロッカスがたくさん増えているところは見たことがない。
育て方が難しいのか?
【相談者】
60代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ムスカリが庭中に咲いていたり、道路沿いのブロック塀に沿ってたくさん咲いているのはよく見かける風景です。ところが、同じように秋植え球根としてよく売られているクロッカスは、庭中に咲いたりしているお宅はあまり見かけません。確かに同じ球根でも、ムスカリのように増えることは少ないと言えます。と言ってクロッカスが弱い植物の訳ではないのですが、実は増え方に違いがあります。
 ムスカリは、1球が横に子供をふくように、八ツ頭のように根元から分球します。クロッカスは、縦上方に新球ができます。そのままにしておくと分球のたびに浅くなり、球根が小さくなりすぎて、花が咲かなくなってしまいます。できれは、葉が黄色くなったら掘り上げて秋まで保存するか、そのまますぐに深く植え替えてあげるとよいでしょう。
 クロッカスと同じ仲間の秋咲きのサフランも同じで、増えたらできれば毎年、少なくても2~3年ごとに深く植え替えてあげると毎年花を楽しめます。植えっ放しにすると、いつか消えてしまいます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: , パーマリンク