園芸相談_ボタンの花の咲かせ方について

【相談内容】
庭のボタンが今まで1個しか花をつけたことがないのに、今年は8個のツボミをつけている。
このまま咲かせて大丈夫か?
【相談者】
60代 ご夫婦


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 全て咲かせることも可能ですが、1輪の花をできるだけ大輪にして楽しみ、しかも来年もたくさんのツボミがつくようにするには、少し数を減らした方がよいと思います。
 お持ちいただいた写真では、株元から出ている短い細い枝にも花芽がついていますので、下からの枝を今後育てて株立ち状の姿にしたいのなら、数本出ているうちの長くて太いのを2本くらい残して育てるようにし、今ついているツボミはかいてしまった方がよいでしょう。上の方の枝も、細く枝分かれしたところについているツボミはとった方が、1輪を大きく咲かせることができます。8個のツボミは半分くらいにすると1輪が大きく、しかも来年の花つきもよくなると思います。
 花が咲き終わったら早めにめしべ(子房)を摘みとり、お礼肥をしておきます。リン酸の多い骨粉、ようりんなどをひとにぎりくらい、株を中心にドーナツ状に与えます。また、どうしてもすべて咲かせたいときは、ツボミが色づき始めた時点で切って、大きな水盤に水を張って浮かべてあげると、木の負担が少なくなり、来年の開花への悪影響を小さくできます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク