園芸相談_リーガベゴニアが弱ってきてしまった

【相談内容】
リーガベゴニアを買って出窓のところで栽培していたら、どんどん弱ってきて、新しい芽やツボミが出なくなってしまった。
どうしたらよいか?
【相談者】
40代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 弱った原因は、2つ考えられます。
 いくら明るい窓辺であっても、日中は暖かですが、明け方には外がマイナスになると、内側の鉢を置いているところもマイナスになってしまう可能性があります。もともとリーガベゴニアは、球根ベゴニアと冬咲きベゴニアなどの交雑により作出された新しい園芸植物で、両親とも寒さに弱いため、リーガベゴニア自体も強い寒さは得意ではありません。できれば、最も寒い1~2月でも最低気温10℃は保ちたいものです。
 もうひとつは、お話では、液肥を与えるときに濃度を計らず、カンを頼りに直接ジョロに原液を与えているとのこと。ボトルから直接原液を注ぐと、思った以上に濃い液肥を与えていることがあります。特に、冬は温度が低く、根がダメージを受けるとなかなか回復できません。暖かくなっても新しい芽が動いてこないとすると、根を傷めている恐れがありますので、一度鉢からあけて、根を調べてみて下さい。球根や元気な根、茎だけを残して腐ったところをとって、新しい清潔な土に植え替えてみて下さい。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク