園芸相談_イングリッシュデージーの性質について

【相談内容】
イングリッシュデージーは耐寒性があるそうだが、冬に外で植えっ放しでも大丈夫か?
【相談者】
40代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 イングリッシュデージーは、春花壇でおなじみの赤・ピンク・白のポンポンや大輪の花が咲くデージーのご先祖様で、野生種のデージーです。
 花は園芸種よりひとまわりからふたまわり小さく、主に白い花で一重のシンプルな咲き方をします。弁先にうっすらと紅を差し、ツボミのときは赤く見えるものも、開花すると内側はほとんど白い花です。ヨーロッパでは、庭のあちこちや芝生の中、木の下などいろいろなところに生えていて、春~初夏に小さな白い花をたくさん咲かせます。
 もともと耐寒性、耐暑性、耐干性も強く、道路脇の踏み固められるようなところでも元気に育ちます。真冬でも日当りのよい斜面などでは花を咲かせられるほどですが、北向きで凍ったまま、日中日の差さないところや、北風の強く当たるところではさすがに傷ついてしまいますので、南向きの暖かな、北風をさけられるところに植えるか、プランターなどに植えて、南向きの軒下などで育てると傷みが少なく、冬でも花が楽しめるでしょう。
 そのまま植えておけばこぼれダネでいろいろなところで花を咲かせてくれます。肥料は特に与えなくても、他の植物に与えたものの残りでも十分なくらいです。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク