園芸相談_クリスマスローズを鉢で育てたい

【相談内容】
クリスマスローズを庭に植えて何度か枯らしてしまったので、今度は鉢で育てたいと思うが、育て方のコツを教えてほしい。
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 クリスマスローズは決して弱い植物ではありませんが、絶対これはしない方がよいということがいくつかあります。
 まず、
(1) 水はけのよいところに植えること。
 鉢では、赤玉土4:軽石(硬質鹿沼)3:腐葉土3くらいの水はけのよい土で植えます。雨が降っても水が引かない、ゼニゴケの生えるような土地はやめて下さい。鉢では市販の培養土だけでは水はけが悪いので、ここにさらに軽石3割を混ぜてあげるようにします。
(2) 夏は直射光に当てない。
 木もれ日程度の木の下か、建物の東側で朝日がよく当たり、西日の当たらない側、南向きのところしかない場合には、ヨシズや寒冷紗で日除けをした下におきます。
(3) 肥料は、秋の元肥から春まで2~3回に分けて置肥で与えるか、生育期間中は液肥で育てる。5月以降は肥料を9月末まで与えないこと。
(4) 株分けや庭からの移植など根を大きく切る作業は、9月下旬~10月の涼しいときに行う。
 春までに開花株を入手した際は、根をあまり無理にほぐさずに植え広げのみにして、秋に本格的にほぐして植え替えます。
(5) 花がらは、タネとり以外は早目に子房のみでも摘みとって、株を弱らせない。
(6) 株分け、古葉切り(5cmくらい残して切る作業)のハサミは、ウイルス予防の消毒を行う。
 これらを守れば心配はいらないと思いますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク