園芸相談_タチアオイの育て方について

【相談内容】
今年、庭でタチアオイを育ててみたいと思うが、タネや苗はどこで入手できるか?
【相談者】
40代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 春にタネから育てると一般には来年の初夏~夏に咲き、2年草のようになります。秋まきでも花の咲く早咲きのものもありますが、通常は丸一年を経て花が咲くものが多いです。今年のシーズンに花を見るには、苗を植えるようにします。
 タチアオイは、2年草~宿根草の中間的性質のものが多く、家のまわりの土手のような、日当たり・水はけの良いところだと毎年出て花を咲かせますが、しっかりと堆肥を入れて肥料をたくさん与えるところでは意外に夏に腐ってしまったりして、捨てておくと良く咲き、手入れをしすぎると消えてしまうというイメージがあります。特に、ハマキムシやメイガなどの害虫がつきやすいため、チッ素過多の管理をすると短命になるので注意して下さい。
 苗はこれから3月くらいになると、花色別のラベルをつけたものが宿根草のコーナーに並びますので、探してみると良いでしょう。また、一重の品種ならタネもたくさんとれますので、採種して秋または春にまくと、たくさんの苗を作れます。また、親株から出た子株を株分けしても増やせます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク