園芸相談_フクジュソウの増やし方について

【相談内容】
フクジュソウを増やしたいと思うが、なかなか増えてくれない。
庭の東向きの、午前中のみ陽の当たる場所に植えている。
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 家の東側で午前中はよく陽が当たり、午後からは日陰となるところで、水はけは良いとのこと。決して悪い条件ではありませんが、株分けを花後に行っているとのことなので、それが原因かもしれません。
 フクジュソウは秋から生育が始まり、冬中花を咲かせ、5月頃まで育ちます。梅雨頃には地上部は枯れ、夏は完全に休眠してしまいます。植え替え・株分けの適期は、秋やや遅く10月下旬~11月頃で、この頃になると地上には芽は見えないものの、活動が始まります。この頃に掘って株分け、植え替えを行うのが最もダメージが少なく、その後の生育もよくなります。
 また、株分けを行うときは、芽数をあまり細かく分けないよう、3芽くらいとし、根はできるだけ長くつけて掘り上げ、乾かさないよう手早く植えつけます。植え付け場所は、あらかじめ30cmくらいの深さに穴を掘って、土に腐葉土や堆肥を混ぜて、花つきのよくなるようリン酸の多い緩効性肥料などを混ぜたところに植えつけます。水やりは植え付け後たっぷり、あとは雨が少ないときにも十分に行うようにします。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク