園芸相談_クリスマスローズを伸ばせて咲かせたい

【相談内容】
クリスマスローズが庭でやっと咲き出したが、地際に張りついたようにして咲いている。
展示会や雑誌などで見るように、スラッと伸びて咲かせるにはどうしたらよいか?
【相談者】
40代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 まず、庭で咲き始めたクリスマスローズの丈が低いのは正常です。2月頃に背が高い状態で咲かせるには、室内や温室などで何らかの保温・加温が必要です。
 ただし、最初から暖かなところで育てていると丈は伸びにくくなりますので、11月~12月くらいまでは外で寒さに十分に当てて、1~2月に凍らない程度の保温を行うようにするとよいでしょう。もちろん、地植えでは場所を移動できませんので、鉢で育てることが前提となります。
 また、丈を伸ばすためのもうひとつのポイントが、古葉切りのタイミングです。古葉切りを行う理由は、開花時に株のバランスをよくするためと、古葉に多くある休眠物質を取り除き、新芽の動きをよくするためです。1~2月頃から早目に丈を伸ばして咲かせるには、11~12月に古葉切りを行うとよいでしょう。その際、必ずハサミはウイルス予防薬で消毒して、古葉のつけ根、葉柄を3~5cmくらい残して切ることを忘れないようにします。残した葉柄は自然に枯れて取れるようになるまで、そのままにしておくと、株元の腐りを防ぐことができます。
 庭の株を鉢上げするには、9月下旬~10月の秋に行うようにします。このとき、古葉が大きく横に倒れている場合は、古葉切りを同時に行います。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク