園芸相談_ダリアについて

【相談内容】
最近、切り花のダリアで、花が大きくて黒いものやパステル調のものが使われているが、家庭で栽培できるのか?
いつ頃苗や球根が売られるのか?
【相談者】
40代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ダリアはここ数十年、どちらかというと日陰の花というか、花の世界でスポットライトを当てられることがなく、イメージもちょっと “時代遅れ”という感じで見られてきました。
 ところが、最近の昭和ブームなどのレトロ趣味が、花の世界にまで広がりを見せるようになったためか、または一番は栽培技術の革新により、冬に豪華な切り花が生産されるようになったためか、ここ数年で一躍脚光を浴びるようになってきたのです。
 その中で最も有名なのが、黒赤色大輪の“黒蝶”という品種です。色のシックさがこれまでのダリア=ケバイという感じをぶちこわして、しかも他の追随を許さぬ巨大輪花は、ダリアの美しさを再認識させるきっかけとなったといってよいでしょう。
 もちろん、園芸界でもダリアについてこれまで以上に多くの品種が取り上げられ、カタログ通販でも数十品種が入手可能となっています。“黒蝶”も、もちろん販売されていますので、まず大手種苗会社のカタログなどを取りよせてみて下さい。もちろん、春になれば3月下旬頃からホームセンターなどでも売られるようになると思います。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク