園芸相談_シクラメンにカビが生えてしまった

【相談内容】
去年の暮れに、安売りになっているシクラメンを買ってしばらく室内で育てていたが、このところ株元にカビが生えたようになり、しおれてきた。
このままで大丈夫か?また、直す方法はあるか?
【相談者】
70代以上 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 シクラメンは、閉め切った室内などに長く置くと、必ずというほどカビが生えてきます。シクラメンは寒さに強いですので、日中は外で光に当てて夜は室内に取り込むか、明るい風通しのよい窓辺などで育てるとよいでしょう。室内では、特に風通しがよくないとカビが生えやすくなりますので注意します。
 また、古い花がらや黄ばんだ葉なども、片手を株元に添えて、茎や葉柄の根元近くを持ってひねるように引っ張って取り除きます。カビの生えた株も、カビの生えているところは必ず取って乾かします。それでも止まらないときは殺菌剤を散布して様子を見ます。それでもカビが広がるようなら残念ながらあきらめて下さい。
 カビはボトリチス(灰カビ病)ですので、塊茎のほとんどが腐ってしまうと芽の出るところがなくなり、枯れてしまいます。こうならないためには、株の中心に水をかけないで葉を持ち上げて、3ヵ所くらいから土のところに水を与えるか、底面給水鉢でタンクに水を入れて吸わせるか、通常の鉢でも鉢受け皿などに水をうすく張って底から吸わせるようにします。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク