園芸相談_チューリップの球根について

【相談内容】
チューリップの球根を安売りでまとめて買ったが、皮のはがれているものや、芽の伸びはじめているのもあったが大丈夫なのか?
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 そろそろ秋植え球根の売れ残ったものが3割引きや半額などになっていますので、まとめてたくさん植えたい方は、できるだけ値下げされたらすぐに求めて植えつけるとよいでしょう。
 チューリップの球根は、完全に乾燥して休眠していますので、年内くらいに植えつければほぼ正常な開花が見られます。安値で売られていても、ミイラ化したり、カビが生えたりしていなければ、外皮がとれていたりするのは何ら問題はありません。ただ、芽が伸び出しているだけでなく、根まで伸びていたり、伸びた芽が折れているものは正常に芽が伸びないこともあります。
 ネットの中で芽や根がモヤシ状に伸び出しているものは、ネットを切ってできるだけ伸びた芽や根を折らないように取り出していねいに植えつけます。他の球根などでも芽や根が伸びて絡んでいるものは、最悪ネットごと植えて土をかけておきます。小さな球根はそのままでも問題なく花が咲きます。
 また、芽が斜めや横に曲がって伸びているものは、球根が斜めになっても芽がまっすぐになるように植えつけると、正常に伸びることができます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク