園芸相談_蚊蓮草について

【相談内容】
名前のわからない植物を家で育てているが、この名前と育て方を教えてほしい。
蚊が来なくなる植物と聞いた。
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答: 箱根ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 この植物は、蚊よけの植物として売られている、センテッドゼラニウムの仲間で、商品名で「蚊蓮草(かれんそう)」という名で流通していたと思います。センテッドゼラニウムとは、ハーブとして栽培されるローズゼラニウム、レモンゼラニウムなどのことで、ゼラニウムとは呼ばれても本来の植物としての正しい名称は、ペラルゴニウム属のものです。主に南アフリカが原産の植物で、フウロソウ科に属し、多くの原種があります。
 もともとゼラニウムは、昔から青臭い匂いで嫌われていましたが、この仲間には強い香りをもつものが多く、たまたまバラやレモンの香りのものはセンテッドゼラニウムとして扱われているのです。ですから、
育て方は寒さに弱いセンテッドゼラニウムと同じと考えて良いでしょう。冬は室内に入れて、水やりを控えて育てます。もちろん、秋口から徐々に水を控えておくと、植物体がしっかりとかたく育ち、耐寒性もより強くなりますので、ぜひ来年は秋口から水を控えるようにしましょう。植え替え、挿し木は春~初夏に行います。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク