園芸相談_ガーデンシクラメンについて

【相談内容】
ガーデンシクラメンを寄せ植えにして軒下に置いていたら、朝見たら葉が凍ったようになっていた。
このままにしていても大丈夫か?
【相談者】
40代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ガーデンシクラメンは、ガーデニング用、外でも大丈夫ということでラベルがついていますが、基本はお花屋さんで暮れに売っている普通のシクラメンと同じものです。ただ、育てる段階で、より低温に強くなるよう、温度を下げて育てられています。もともとシクラメンは、軽く凍る程度では枯れないくらい寒さには強い植物ですが、温室で暖かく育っていると低温に弱くなります。ですから、軒下などで軽く凍る程度0℃ギリギリ、マイナス1~2℃くらいまでは問題なく冬越しできます。
 ただし、今冬は昨冬と違い、平年並みの寒さが到来するとのことですので、いわきでももっとも寒い時期にはマイナス5℃くらいに数回は下がると思われますので、できれば天気予報で翌朝マイナスになるというときには、夕方室内に取り込んでおかれるとよいでしょう。
 凍っても軽い場合は枯れませんが、葉がきたなくなると同時に花のあがり方も悪くなってしまいますので、極端な寒さに当てない方が美しく育てられます。ただし、逆に室内に入れっぱなしは葉が間伸びしたり、根元にカビが生えたりしやすくなりますので、暖かな日中は外で日に当てて管理するのがよいでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク