園芸相談_ブッドレアの挿し木について

【相談内容】
ブッドレアの挿し木は今からできるか?
また、どんな土を使ったらよいか?
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ブッドレアはフジウツギ科の植物で、日本で主に栽培されているのは中国原産のブッドレア・ダビディーです。他にも黄色で玉状に花のつくイエローマジック、交配種で黒紫の花のブラックナイトなど、丈夫で生長の早い木です。一般のダビディーは、ブルー、赤紫、ピンク、白などの小花を尾状に房につけ、甘い香りと蜜でチョウやハチを呼び寄せるため、欧米ではバタフライブッシュと呼ばれ、親しまれています。
 生長の早さはけた外れで、春の3月頃にけむりのような細かいタネをまくと、夏には1m近くに育ち、花をつけ始めます。よく道路の法面などに咲いているのは、このようにして風に運ばれて芽を出し、花をつけているものです。もちろん挿し木も容易で、1節~2節をつけて、葉を3分の1くらいにカットして挿せば、ほぼ100%活着します。挿し床は赤玉土や鹿沼土の小粒またはタネまき、挿し木の土を使えば間違いなく成功するでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク