園芸相談_スイレンの育て方について

【相談内容】
スイレンの鉢植えをもらったが、育て方がわからない。
どうしたらよいか。
【相談者】
70代以上 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 スイレンは、モネの絵や童話にも出る馴染み深い水生植物ですが、現代の庭事情などから、池を作る形が少なく、実際に庭の池で育てることは少なくなっています。一方、茶わんバスや姫スイレンなど、小さな容器で栽培できる小型のものが最近人気があり、ホームセンターなどでもよく売られるようになりました。
 お話では、小さな鉢に入った姫スイレンとのことなので、容器栽培で十分に育てることができます。スイレン鉢なら、30cm~50cmくらいのものが適し、芽の先端から水面まで10cmくらいの深さがあるのが望ましいでしょう。
 土は、田土や庭の粘土質の土で、重ければ特に選びません。直接容器に植えつけて水を張ってもよいし、深い場合には鉢に植えて、底にレンガなどで底上げしてもよいでしょう。
 肥料は、油粕と骨粉の入った醗酵した玉肥などが適しますが、緩効性の置肥タイプの化成肥料を土に埋めてもかまいません。また、水を張って育てていると、ボウフラがわきやすいので、ヒメダカや金魚などの小魚を入れておいてもよいでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク