園芸相談_ボタンについて

【相談内容】
庭のボタンの葉が、ところどころ茶色くなっている。病気なのか?
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 写真をお持ちになったので見せていただくと、葉のところどころにちぎれたようなあとがあり、そこから茶色くなっているのがわかります。おそらく、強風により葉が傷つき、その傷から菌が侵入し、茶色く枯れたようになっていると思われます。
 まず、台風や大風で葉や茎に傷みが生じた場合、デリケートな植物はそこから病原菌が侵入し、発病することが多いですので、傷みを見つけたらすぐに殺菌剤を散布しておくことが必要です。特に比較的多肥で栽培するバラ、キク、ボタンなどは注意が必要です。オーソサイド、ダイセンなどを1000倍で散布しておくとよいでしょう。
 また、肥料を春を中心に与えているということですが、ボタンでは、元肥は秋9月下旬~10月上旬頃与え、冬の間徐々に芽が太るようにして、芽出し前に軽く芽出し肥を与え、花後にリン酸の多いお礼肥を与えるようにします。春の肥料を多く与えると花もちが悪くなったり、腐りやすくなりますので、肥料を与える時期を逃さず、秋に元肥を与えるようにするとよいでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク