園芸相談_ペチュニアの摘芯について

【相談内容】
ペチュニアの摘芯について教えてほしい。
こんもりと、あふれるように咲かせたい。
【相談者】
60代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ペチュニアは誰でも知っている夏の定番コンテナプランツです。特に、サフィニアが登場してからはあふれるように絶え間なく咲く、夏に負けないパワーと、満開のときのパフォーマンスの見事さで、人気の衰える気配は見られません。しかも、さらに花色、花型、大きさの異なる新しい品種が毎年登場するために、新鮮さも失われることはないようです。
 お持ちになった品種は、サフィニアの中でも今までのものより伸びを抑えた、コンパクトな株になるサフィニアの新シリーズ、「ブーケ」ですので、一度摘芯は済んでいることなので、このまま摘芯をせずに育てた方がお望みのような、こんもりとしてふわっとした株になると思います。
 従来の品種より、無摘芯でもコンパクトにまとまる品種ですので、しばらくこのまま育てて、夏に花つきが少なくなり、株元が淋しくなったら、思い切って株元数芽まで切りもどし、大き目の鉢に植え替えて追肥をするとまた秋にたくさん花を見ることができます。また、夏になる前に、混み合った枝を髪の毛をすくように、数本おきに切りもどしておくと、株元が淋しくならず、連続して咲かせることができます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク