園芸相談_クンシランについて

【相談内容】
クンシランを大鉢で大株づくりにしているが、中の1鉢が株が小さくなってたくさん出ていて数年花も咲いていない。
株分け・植え替えをした方がよいのか?
【相談者】
60代 ご夫婦


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 お話によると、それぞれの芽が小さくたくさん出ていて、花のつく株の大きさになっていないとのこと。おそらく一度冬に凍らせるか極端な水切れをさせて、株の中心の生長点が死んでしまい、その株元からたくさんの芽が吹いてきて、それが今、鉢全体にぎゅうぎゅうになっていると思われます。
 このように芽が細かくなって全体が大株となっている場合には、一度、数芽ずつに株分けし、小さな鉢に植え替えて、もう一度仕立て直しをする方がよいと思われます。
 鉢から抜くときの注意としては、まず根がしなやかになるように水を切って、土を完全に乾かしてから作業を行います。この方が根が折れにくく扱いも楽になります。
 古土を全部落として根茎のつながりを確認して、完全に分かれているところにハサミを入れて、手で力を入れて分けるとすんなり分けることができます。
 
 密にくっついていて独立した根をもっていない小さな芽は、分けずにおいて、大きいものなら2~3芽、細い芽なら4~5芽をひとつのユニットにして分けて、1鉢を3~4鉢に植え替えます。土は赤玉・中粒に腐葉土を2割程度か市販のクンシランの土を使ってください。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク