園芸相談_フェイジョアについて

【相談内容】
庭植えのフェイジョアが毎年冬には葉が落ちてしまい、植えて10年近くなるが今まで花が咲いたのは一度きりしかない。
いわきではフェイジョアは外で育てるのは無理なのか?
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 フェイジョアはグァバなどに近い南米原産のフトモモ科の亜熱帯果樹で、日本での露地栽培は関東以西とするのが一般的です。いわきでの露地栽培は、海沿いの冬に暖かい地域では可能ですが、より内陸では、植えた場所の環境のちょっとした違いで、果実を毎年楽しめるところと枯れないまでも毎年大きく痛んでしまう場所があるようです。
 聞いた話にはなりますが、豊間地区には大きな木があり、毎年たくさん実をつけているそうです。住まいが平の町中とのことなので、日当たり、風当たり、建物との位置関係によっては、冬越しも可能と思いますが、実をつけるのが前年に伸びた枝から伸びた枝の元になりますので、冬に枝先が痛むと花を咲かせるのは極めて困難になります。
 今植えているのが条件の合わない場所であれば、鉢に上げて冬に軒下で霜を除けてやれば、葉も痛まず花実を楽しむことができるようになると思われます。理想的には、新芽の出る前の3月頃の植え替えが望まれます。もし秋早くや梅雨時に行う場合は、枝を1/2くらいに切って行えば可能でしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク