園芸相談_ペチュニアの花後の管理

【相談内容】
ペチュニアをピートバンでタネをまいて9cmポットに鉢上げして、今最初の花が咲き始めた。
このあとどんな管理をしたらよいか?摘芯はしなくてよいのか?
【相談者】
60代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 育てられた花を実際お持ちいただきましたが、光も十分で、水やりや施肥も適切と見えて、かなり上手に育てられていると思います。
 まず摘芯はもともと栄養系ペチュニア、サフィニアなどの横へ横へと伸びるものについて所期の分枝を促すために摘芯を行うものです。種子系(タネから育てる)ペチュニアでは、わざわざ摘芯は行わないのが普通です。
 実際お持ちの苗は、枝数も多く、そのまま育てても問題はないと思われます。もし、どうしても枝数を増やしたいのであれば、花を咲かせながらピンチする方法をおすすめします。
 今伸びている枝の先端のみをピンチする方法で、途中の小さなツボミもこれから咲いてゆき、さらに先端の枝分かれで芽数が増え、結果的に花数が増えるというやり方です。ついている花やツボミを温存するため、早くから花が楽しめ、ゆくゆくはまた花数が増えます。
 また、お持ちになった苗の葉に字を書いたような虫の食害がありますが、ハモグリバエの害で中にサナギが入っていますので、サナギはすぐにつぶして、予防にオルトラン粒剤をまいておいてください。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク