園芸相談_カリフォルニアポピー

【相談内容】
イングリッシュガーデン(いわき市フラワーセンター園内)の四阿の下のオレンジ色の花は何という花か?
育て方は難しいのか?
【相談者】
30代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 カリフォルニア・ポピー、またはハナビシソウという植物で、名前のとおり北米西海岸カリフォルニアの野草で、花壇では秋まきの一年草として育てられる花です。ポピーの名のとおりケシ科の植物で、根が直根性で移植を嫌うため、花壇やプランターに移植して育てます。
 もともと草原全体をオレンジ色に染めるほどの、丈夫で繁殖力の旺盛な植物ですので、日当たりのよく水はけのよい場所なら問題なく花を咲かせることができます。ただし、あまりに早くまきすぎたり、肥料、特にチッ素肥料が多すぎると、柔らかく育ちすぎて腐ったりしますので、9月下旬~10月いっぱいにまくのがよいでしょう。
 また、遅くまきすぎると北風や霜で根がもち上がって乾燥したりして傷みますので、まくのが遅くなった場合、翌春早く、2月下旬~3月にまいても小さくて花を楽しむことができます。
 土は雑草をとり、よく耕して、数粒ずつ点まきするか、タネに乾いた砂を10倍くらい混ぜてバラまくとよいでしょう。あまりきちんとまくより、ところどころ多いところ少ないところがあった方がナチュラルな感じになります。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク