園芸相談_ボタンの育て方

【相談内容】
庭のボタンが植えて10年以上経つが、最近花が小さくなってしまった感じだ。
もともとの大輪に咲かせるにはどうしたらよいか?
【相談者】
60代 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 ボタン園で鉢植えの開花株を購入して、庭植えして10年以上経つとのこと。
 まず、全体として、花の咲く木は、大木になり枝数が増えると自然と一つずつの花は小さくなります。ですが、10年くらいの木では、それほど老木というわけではなく、今が最も生育旺盛な時期といえると思います。
 花が咲いても小輪である原因は他にいくつか考えられます。が、第一には、出芽から開花の時期の雨が少ないこと、特に去年は春の雨不足で、早春の花の多くが輪が小さくなってしまいました。これは、水やりを十分に行えば改善可能です。
 また、もともと花つきのよい品種で、お礼肥などでリン酸の多い骨粉を多く施肥した場合、花芽がたくさんつきすぎて1花あたり小さくなることもあります。1枝につき花芽を2芽に制限する芽かきを行うことで、花のつきすぎは防ぐことができます。これは秋~春にかけて行うことができます。
 さらに剪定と組み合わせて、全体の枝の配置や花芽のバランスを十分に確保することで、大輪の花を楽しむことができるようになるはずです。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク