園芸相談_クリスマスローズについて

【相談内容】
庭のクリスマスローズの株元に、実生でたくさん今年芽が出たが、このあとどうしたらよいか?
今年出た芽は、あとどのくらいで花を咲かせるようになるか?
【相談者】
60代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 クリスマスローズを花がらつみをしなかったり一部残しておくと、タネが自然にこぼれて、土の中で、冬を越して2~3月頃に芽が出てきます。しばらくすると本葉が出て、ちょうどミツバのような形ですが、そのあと本葉が3枚くらいに増えて1年目には終わります。
 さらにもう1年たつと、5枚葉5~6枚くらいになって、状態がよければ芽が出て最短丸2年、タネから2年半、通常は3年目以降に花を見られます。
 開花を早めるには、苗の状態なら真夏をのぞき、液肥を1週間~10日に1度生育期間中与えつづけると、開花年限が早まります。ただし、八重、半八重などは、あまり無理に咲かせると本来の花型に咲かないこともありますので、急ぎすぎないことです。
 芽の数が少なく、邪魔にならなければ、株元でそのまま大きくしてもよいですが、たくさんあったり、他の植物と近すぎて競合する場合には、ポットあげして育てるのがよいでしょう。黒のポリポット(7.5cm~9cm)に本葉1~2枚になったら根を切らないよう丁寧に移植します。土は市販の土にさらに赤玉土を加え、水はけよくしたものを使います。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク