園芸相談_キバナクンシラン

【相談内容】
冬に室内に置いていたキバナクンシランが、葉が黄色っぽくなって腐ったようになり、枯れそうだが、病気なのか?
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 置き場所は、家の東側のガラスのすぐ内側とのことなので、葉を調べると病気というより凍害により一部白っぽくなり、枯れて黄色くなってきているように見えます。おそらく暖冬で油断されていて、ガラスの内側に置いたままだったことにより、凍害になったものと思われます。
 さらに、鉢から抜いて根も見えるようにしてお持ちいただきましたが、土がかなり細かい水保ちのよいもので、クンシラン栽培には明らかに不向きのものです。できればすぐにでも新しい水はけのよい用土で植え替えてください。
 土は赤玉土中粒に軽石、腐葉土などを3:2:2くらいで混ぜたもの、または市販のクンシランの土でもOKです。鉢はあまり大きすぎないものを用い、根の腐った部分は切り取って、水洗い後、軽く乾かしてすぐに植えつけて下さい。このとき、殺菌剤1,000倍に30分~1時間くらい浸清してから植えるとより安心です。地上部も傷ついたところを切り取り、殺菌剤を散布してやるとよいでしょう。肥料は10日~2週間くらいして芽の動き始まってから、骨粉入りの玉肥を与えます。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク