園芸相談_スイセンの堀り上げと植え替え

【相談内容】
スイセンの堀り上げと植え替えはどのくらいの間隔でやったらよいか?
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 スイセンは他の秋植え球根と比較しても、丈夫で、植え放しでよく咲く球根の代表格です。特に自然に大株になり、たくさん咲いている様子は、春早くに咲くからというだけでなく、何とも形容しがたい美しさ、可憐さがあります。
 丈夫なので、ついついよく殖え、また、よく咲くために、どうしても植え放しが長くなってしまい、花つきの悪い葉ばかりの状態に陥りやすいのもまた事実です。植え替えるタイミングは、見事に増えてたくさん咲いた年の花後か、少なくてもその翌年のやや花が少なくなったあと、葉が黄色くなった頃に行うのがよいでしょう。
 つまり、大株で花がたくさん咲くと次の年は、分球して開花に至らない球根が増えてきますので、まずたくさん咲いた花は、実が入らないうちに花を摘んで、1週間~10日に一度液肥1,000倍を3回くらい与え、そのあと掘り上げると、全ての球根が十分に開花球にもどって、次の年も開花させることができます。
 一般に、植えつけ時の球数密度により異なりますが、早いもので3年、遅いもので5年くらいを目安にするとよいでしょう。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク