園芸相談_クリスマスローズについて

【相談内容】
庭のクリスマスローズが去年は10本くらい花茎が立って見事だったのに、今年はちらほらとしか花がついていない。どうしてか?
【相談者】
50代 女性


【アドバイス】
回答: 箱根 ゆみ子 先生 (園芸アドバイザー)
 だいたい庭でクリスマスローズを育てている方の大半は、植えて数年でたくさんの花を楽しむことができ、そして次の年この問題に悩まれます。
 つまり、クリスマスローズは花びらのように見えているところはガクで、いつまで経っても散ることはなく、色が緑色っぽくなってもしばらく残っています。そのため、ついつい花がらつみをしないで、タネを実らせてしまうことが多いのです。
 もちろん早目に花茎ごと切り取ってしまうのが一番潔い方法なのですが、それでは淋しいとお思いの方は、花の中心の小房の部分、タネが入ってふくらむサヤ状のところを早目に手で取り除いておかれると、タネによる株の消耗を防ぎ、次の年の開花に悪い影響を与えなくて済みます。
 実が膨らみはじめる前、おしべや蜜腺が散りはじめたら取ってしまわれるとよいでしょう。最終的には、茎を切り取ってきれいにしてやります。
 また、タネをまいてみたいのでタネをつけたいと思う方は、成株で1株あたり1~2本くらいの茎を残すか、開花初年度株なら、せいぜい1花分だけつけるようにして、タネをつけすぎないようにします。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク