園芸相談_アマリリスの水やり

【相談内容】
室内でアマリリスを鉢ごと水を切って冬越ししていたが、もうそろそろ水やりを始めてもよいか?
【相談者】
70代以上 男性


【アドバイス】
回答:箱根 ゆみ子 (園芸アドバイザー)
 アマリリスは、もともと南米原産の寒さに弱い球根ですが、凍らせなければ冬越しは難しくはありません。
 最も簡単なのは、鉢をそのままにして水を切って、強制的に休眠させることです。地上部の葉は枯れますが、水を与えなくても球根とその根は生き続け、暖かくなってくると空中の湿度だけでも芽が動きはじめます。この頃から水を与えると、みるみる生長して、4月または5月に太くて厚い葉の脇から大きなツボミが伸び出して、やがて子供の頭ほどもある豪華な花を咲かせるようになります。
 また、この水やりのときに液肥を与えると、より一層大きな花を楽しむことができます。花が終わりかけたら早目に花がらをつみ、茎が自然に黄色くなってきたら花茎を元から引き抜きます。花後は、夏前まで十分な肥培管理をして、来年の開花に備えておきます。
 また、丈夫な品種は地植えで冬越しもできますので、秋に霜で枯れたら、球根が凍みないよう土を20~30cm盛り上げて冬越しします。

カテゴリー: 園芸相談 タグ: パーマリンク