2009年3月の花 “ツバキ”


ツバキは日本の代表的な花木で、現在では世界で栽培されています。もともと日本に自生しているのはヤブツバキとユキツバキの2種類で、さまざまな交配によってたくさんの園芸品種が生まれています。花色は赤、白、ピンク、絞り、花形は一重咲きから八重咲きまで、種類が豊富です。



一 般 名: ツバキ
別  名 : ヤブツバキ
学  名 : Camellia japonica
科・属名: ツバキ科ツバキ属
原 産 地: 日本、東アジア
園芸分類: 常緑広葉樹
花  期 : 10~4月
花  色 : 赤・白・ピンク
花 言 葉: 「完全な愛」、「女らしさ」

※写真は2009/2/18にいわき市フラワーセンターで撮影されたものです。
■ いわき市フラワーセンターホームページは>>こちら

カテゴリー: hanadayori パーマリンク