秋の保存樹木樹林見学会が開催されました。

財団法人いわき市公園緑地観光公社では、緑化推進事業の一環として、かけがえのない緑を守り次の世代へ伝えていくことを目的に、いわき市指定保存樹木・樹林の見学会を実施しています。
春に続いてたくさんの方々に参加いただいた今回は、「紅葉スポットを散策」と題し、田人・遠野地区の樹木を見学しました。


■ 見学会の様子
















● 田人町荷路夫のフジキ・カツラ(保存樹木指定候補) 
田人(フジキ・カツラ)田人(フジキ・カツラ)
まず最初に保存樹木候補であるフジキ・カツラを見学。
今回の見学会もいわき市フラワーセンター顧問である古内榮一先生、尾島将司先生のお二人に講師を務めていただきました。
  
● 田人町水呑場のブナ林
水呑場のブナ水呑場散策
田人町水呑場を散策。ブナの巨木にびっくり。
また、先生のアドバイスのもと、いろいろな種類のカエデを探しました。
  
● 辺栗トンネル遊歩道 
辺栗トンネル遊歩道辺栗トンネル遊歩道
辺栗トンネル遊歩道では、赤く色づいた綺麗な山を見ることができました。
  
● 川堀観音堂のイロハカエデ 
訪れた時期がちょっとだけ早かったせいか、まだ緑色の残るイロハカエデ。
現地では地元の区長さんからお話を聞くことができました。
今年の見ごろは11月下旬から12月上旬だそうです。

財団法人いわき市公園緑地観光公社では来年度も保存樹木・樹林見学会の実施を予定しております。
内容・日程等決まりましたら、ホームページ等でお知らせいたします。

カテゴリー: event パーマリンク